アプリの休止(App hibernation)を手動で発動(API≧30)

投稿日:  更新日:

「アプリの休止(App hibernation)」は発動までの期間が長いので、端末上で実際にその動作を確認しようとすると、待機時間が長くなってしまい、効率が悪いです。

ですので、テストでは「アプリの休止」を手動で発動させます。

今回は、この手動で発動させる方法を説明します。

続きを読む

パーミッションの仕様変更(API≧30)~(3)アプリの休止~

投稿日:  更新日:

パーミッションシステムの仕様変更がAPI≧30で行われています。

 (1)1回だけアクセス許可
 (2)“今後表示しない”の非表示
 (3)アプリの休止

ここでは、「(3)アプリの休止」について説明します。

続きを読む

パーミッションの仕様変更(API≧30)~(2)“今後表示しない”の非表示~

投稿日:  更新日:

パーミッションシステムの仕様変更がAPI≧30で行われています。

 (1)1回だけアクセス許可
 (2)“今後表示しない”の非表示
 (3)アプリの休止

ここでは、「(2)“今後表示しない”の非表示」について説明します。

続きを読む

パーミッションの仕様変更(API≧30)~(1)1回だけアクセス許可~

投稿日:  更新日:

パーミッションシステムの仕様変更がAPI≧30で行われています。

 (1)1回だけアクセス許可
 (2)“今後表示しない”の非表示
 (3)アプリの休止

ここでは、「(1)1回だけアクセス許可」について説明します。

続きを読む

Android EmulatorでPlay Storeを使う

投稿日:  更新日:

Android Emulator(AVD:Android Vertual Device)は、Play Storeアプリを実装したデバイスの構築が可能です。

このデバイスを用いれば、Google Playストアへ公開されているアプリをインストールしたり、アップデートしたり、エミュレータ上で出来るようになります。一般に販売されているAndroid端末と変わりません。

変わらないが故に、セキュリティに対して同等なリスクを持つことになります。

ですので、「デバイスの構築とエミュレータの起動は必要最小限にする」、「完全に信頼できるアプリのみインストールする」など、取り扱いに注意が必要です。

今回はAndroid EmulatorでPlay Storeアプリを使う方法をまとめます。

システムイメージのインストール

デバイスの構築を行う前に、Play Storeアプリを実装したシステムイメージが必要です。

SDK Managerでインストールを行います。

システムイメージのインストール

図に示したイメージがPaly Storeアプリを実装しています。チェックを付ければ、インストール対象に登録されます。※図はAPI24の場合、インストール済みの状態

イメージ名の接頭語Google Play Servicesの実装Play Storeの実装コメント
なし××
Google APIs×
Google PlayIntel x86 Atomのみ

ただし、すべてのプロセッサアーキテクチャに対応していません。対応は「Intel x86 Atom」のみです。

デバイスの構築(既成のHardware Profile)

Device Managerを開いてデバイスを構築する際に、Play Store欄にマークの付いたプロファイルを選択してください。

エミュレータの構築

Play Storeアプリを実装したシステムイメージがデバイスへ組み込まれます。

このデバイスでエミュレータを起動すれば、Play Storeアプリが実装されたデバイスがエミュレートされます。

Play Storeを実装したエミュレータ

デバイスの構築(ユーザHardware Profile)

ユーザが作成したプロファイル(または、Play Store欄にマークの付かないプロファイル)を選択して構築したデバイスは、Play Storeアプリが使えません。

Play Storeアプリを実装したシステムイメージが、デバイスへ組み込まれないためです。

しかし、端末の構成ファイルを変更することで、Play Storeアプリを実装したシステムイメージへ置き換えることが出来ます。

端末の構成ファイルを変更

端末の構成ファイルconfig.iniを次のように変更します(API24の場合)。

旧:image.sysdir.1=system-images\android-24\google_apis\x86\
新:image.sysdir.1=system-images\android-24\google_apis_playstore\x86\

※google_apis,google_apis_playstoreはシステムイメージのインストール先
 (Android SDKがインストールされたフォルダの階下に存在)

上記の変更後にエミュレータを再起動すれば、Play Storeアプリが実装されたデバイスがエミュレートされます。

Play Storeを実装したエミュレータ

Play Storeの使用

エミュレータ上でPlay Storeアプリを使用するためには、Googleへログインが必要です。

Play Storeの初回の起動で、正式なアカウントを使ったログインが求められます。

Googleログイン

アプリのインストールやアップデートは、このログイン後に可能です。

Play Storeの利点

エミュレータ上でPlay Storeアプリが使用できる利点は、Google Play Servicesのアップデートが行える点です。

Google Play Servicesとは、Googleが提供するサービスとアプリ間の仲介役を担うシステムアプリ(プログラム)です。

Google Play Servicesの概要

Googleのサービスを利用する時に必須なプログラムのため、端末へプリインストールされています。

一般のアプリと同様に、Google Playストアからアップデート(インストール)できるようになっており、古いAndroid端末であっても最新のバージョンがストアから提供されます。

つまり、端末の新旧を問わずに最新の機能(または、バグ修正済みの機能)が使えるということです。同様なことがエミュレータ上でもいえます。

関連記事:

Android Emulator(Android Vertual Device)はD-Pad(Directional Pad)をエミュレートできます。 エミュレータにD-Padを装備する方法を紹介します。 ...
続きを読む
Android Emulator(Android Vertual Device)はデフォルトで画面上にNavigation Barを表示しません。 エミュレータの画面上にNavigation Barを表示する方法を紹介します。 ...
続きを読む